• TOP
  • UNIVERSALMENU

ユニバーサルメニュー

ユニバーサルメニューとは

「ユニバーサルメニュー(UM)」とは、NPO団体アスコエにより開発された自治体Webサイト向け標準メニュー体系です。
ユーザーである市民にとっての分かりやすさや使いやすさを重視しています。
UMは一般社団法人ユニバーサルメニュー普及協会(UM普及協会)が管理・運営しています。

ユニバーサルメニューの構造。第1階層でカテゴリを、第2階層でサービス名を選び、第3階層でサービスの詳細を知ることができるように設計されています。

※UMについての詳細は、下記サイトをご覧ください。

ユニバーサルメニューの概要 | 一般社団法人 ユニバーサルメニュー普及協会

アスコエ – 私の声で明日を変える > ユニバーサルメニュー

アスコエパートナーズのUM関連サービス

アスコエパートナーズでは、UMの特長を活用した情報提供サービスを展開しています。

ユニバーサルメニューの3つの特長

高い網羅性
検索性の高い情報構造を保持しています。
際立つ地域独自性
知れば知るほど使える地域の行政情報を提供します。
個々人に合わせた情報発信
情報提供のパーソナル化を実現します。

UM データベース、UM ASPサービス(開発中)

UM ASPサービスとは、各個別自治体サイトへのUMの導入を効率的に実現するASPシステムです。

UM DB、UM ASPサービス

ジモトク(開発中)

全国自治体の行政サービスポータルサイトです。(現在開発中)
現在は子育てに関するサービスに特化して開発中です。

ジモトクの特長
  • UMの活用により、当該自治体サイトよりも詳細な行政サービス情報を提供することに成功しています。
  • 複数自治体の行政サービスを比較検討できます。
  • 自治体・企業に対してデータをASPとして提供します。(UM DB)

復旧復興支援ナビ

UMに関するノウハウを活用し、激甚災害からの復旧・復興に利用できる行政制度の検索サービス「復旧復興支援ナビ」を構築・運用しています。

復旧・復興支援ナビの特長

被災地の方へは「知ることから始まる復旧復興支援」という意義があり、
自治体職員の方へは「支援制度の検索時間短縮」というメリットを提供しています。

復旧復興支援ナビ
復旧復興支援ナビ -「被災者が使える行政サービス」のポータルサイト

※構築に当たっては株式会社ぎょうせい、日本マイクロソフト株式会社、株式会社三菱総合研究所のご協力をいただきました。
お知らせ:2011年7月4日(NPO団体アスコエ)

UMコンテンツ付きCMS「CMS-Zero」

従来のCMSにはコンテンツがありませんでした。そのため利用者が原稿やコンテンツをゼロから制作する必要がありました。自治体の保有する情報は多く、CMS導入の際の負担は大きいものでした。

CMS-Zeroの特長

UM DBとの連携による「UMコンテンツ付きCMS」は、ユニバーサルメニューの標準コンテンツが予め登録されており、コンテンツをゼロから制作するコストを省けます。また、使いやすさ・分かりやすさを配慮されているため、最低限の編集で優れたページを制作できます。

CMS-Zeroの特長

「CMS-Zero(UMコンテンツ付きCMS)」詳細ページへ

子育てタウン

妊娠出産、子育てに関する行政サービスについての、WEBサイトと冊子(紙媒体)のミックスメディアです。
行政サービス情報に関しては、UMを活用することにより、行政サービス情報の網羅性、探しやすさ、わかりやすさを実現しています。さらに企業とのコンテンツアライアンス(提携広告)を活用した“官民連携事業”で自治体の負担を軽減します。

子育てタウン

お問合せ

株式会社アスコエパートナーズ 小根森(こねもり)
電話番号 03-6452-8724
FAX番号 03-6452-8725
メールでのお問合せは「お問合せフォーム」よりお寄せください。